2011年 第31回 新潟2歳ステークス(GⅢ) 分析

      2012/07/07

2011年 第31回 新潟2歳S

ゴール前の直線(659m)が日本一長い新潟・芝・外回りコースの1600mで争われる新潟2歳Sは、デビューして間もない2歳馬にとって、スピードやスタミナを要求されるだけでなく、素質や完成度の高さも重要なポイントを占めるハイレベルな一戦と言える。

前走1400m・1600mレースの出走馬に注目!

過去9年で、3着以内の馬の過半数が前走で「1400m」のレースに出走していた。また前走が「1600m」だった馬も3着内率が高い。
一方、前走が上記以外の距離だった馬は優勝例はなく、2003年のウイングレットと2008年のツクバホクトオー(ともに前走1200m)が2着止まりとなっている。

もっと詳しい予想を見る

「オープン特別」を経由してきた馬が優勢!

前走の条件別成績を見ると、「オープン特別」に出走していた馬が、成績、勝率、連帯率、3着以内のカテゴリーでトップをマーク。前走が「新馬」だった馬は3着以内と好成績を収めているが、好走率では「オープン特別」組に及ばない。

もっと詳しい予想を見る

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 新潟2歳ステークス, 阪神ジュベナイルフィリーズ , , ,